つやま和牛~つやまうまれ、つやまそだちのブランド牛~

和牛三大系統のひとつ「藤良」の聖地・岡山県。第1回の全国和牛能力共進会(牛のオリンピック)が開かれるなど食肉の歴史が深い県です。
なかでも津山市は、古くから全国のブランド和牛の元となる子牛を出荷してきました。
そんな技量のある畜産農家の間で徐々に「自分たちでブランド牛を育てたい」と思いが芽生え、2014年に「つやま和牛」の肥育が始まり、2016年4月に初出荷を迎えました。

《4つの定義》
 ~生まれも育ちも、津山~
  新鮮で澄んだ空気、盆地特有の寒暖差、清涼な水といった津山独自の気候・風土
  の中で育ちます。 
 ~バランスのよいコストと肉質~
  出荷されるのは月齢28か月以上の牛だけ。
  肉がおいしくなる時期と肥育コストのベストバランスのタイミングで出荷されます。
 ~肉質等級3以上~
  新たな津山のグルメ食材としてふさわしい肉質の肉を厳選し、提供されます。
 ~地元産の安心・安全飼料~
  飼料にこだわり、津山産の小麦ふすま(小麦を粉にする際に出る表皮部分)を
  300kg以上与えます。
  食物繊維や鉄分、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などの栄養をたっぷり
  含んだ餌を与えています。